個人事業主で確定申告するけど税理士先生って必要あるの?

不当に高い報酬には注意しよう

税理士への支払う報酬はいくらが適切か 税理士先生の中には、依頼する個人事業主が何も知識がないことを踏まえて、高い税理士報酬を請求するケースがあります。たとえば、半日で帳簿の作成から確定申告を仕上げることができるのに10万円単位の金額を個人事業主に負担させようとするケースもあります。事務作業は3時間前後なので、時給に換算すると3万円を軽く超えます。事前にインターネットなどで相場を調べましょう。

依頼した仕事を了解なしにアウトソーシングする税理士先生

理解し難いかもしれませんが、本当の話です。最近は外部の業者に丸投げして、依頼者とまったく関係ない人が会計ソフトへ入力するケースが増えています。知らないところで、まったく面識のない人に年商、通帳残高、業績を把握されて不安ではありませんか。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。