丁寧な「コミュニケーション」のため、安心して経理をお任せしています!

健康不安を世の中から無くす、ヘルスケアIoTスタートアップ、サイマックス。メリービズを導入されてから、どのような効果があったのでしょうか?管理部門をとりまとめていらっしゃる内藤様にインタビューしてきました。

補助金の対応が特殊で難しいと思い、メリービズに依頼しました

メリービズ利用事例 サイマックス内藤さま
サイマックス株式会社 管理部門担当 中谷様。スポーツメーカー、外資系自動車業界を経て、現職。
  • はじめに、サイマックスさんの事業について教えてください。

サイマックスは、ヘルスケアIoT装置を使ったプラットフォームを開発する企業です。例えば、トイレに専用のセンサーを取り付け、尿から日々の体調を可視化するサービスなどを提供してしています。普段通りの生活を送りながら簡単に健康チェックができるサービスを提供し、早期発見と早期治療を促進します。

  • 近年、健康経営を推進する企業がますます増えているなか、サイマックスさんには大きな関心が寄せられていますよね。そのようなトレンドのなか、事業を拡大されてきていると思いますが、メリービズに依頼されたきっかけは何だったのでしょうか?

2014年に立ち上がったばかりの新しい会社のため、経理業務の専任者もおらず、メリービズに出会うまでの間も、ある程度は経理業務を会計士さんなどにアウトソースしながらなんとか凌いできました。ところが、ある年、国の補助金を受けた大きな案件を抱えることになりました。その補助金を受けるための経理業務が普段の業務と異なり、とにかく大変で・・・。知識面でも業務量でも専門家の支援が必要と感じ、メリービズさんにご依頼した次第です。何回も書類を作り直してもらったりして、本当に助かりました。おかげさまで、無事、必要な書類をすべて届け出すことができ、補助金も無事に支給いただきました。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。